4ー1へトップページへ


4) 出図から金型製作プロセス

   4−2.効果的なプロセス

@設計から起型までの期間短縮

一般的には、量産用の金型を起こすには手造り試作を数回繰り返される。
更に、金型が完成されてからも金型試作を数回行い変更改造をし量産に移行される。

一般的には、手造り試作の段階においては量産性や金型上の問題点等は
考慮されない場合が多く、起型打合せ時に金型の都合等による
設計変更を依頼することになる。

その際、せっかく手造り試作で確認した事項が再確認の必要が
発生することもあり、その確認に関連部品を調査したり最悪手造りの
やり直しの必要となり得る。それは、時間と費用の大きなロスとなる。

また、起型打合せの内容につき製品機能の検討を怠ることにより、
金型完成後に試作時と異なる結果不具合があらたに発生することもある。
起型スタートとなってからのVA検討についても、検討に要する時間が
金型日程に影響され実質的には困難となる。


従って、手造り試作においても量産用金型の
起型部門との打合せは重要となる。


設計から起型までの行程

  ∞∞∞気軽な相談相手の確保∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     一般的には、手造り試作手配時には量産用金型手配先が確定していない
     場合が多く、製品設計者が金型設計者と打合せられないのが実状では。
     手配先が確定していないことを条件に、気軽に相談出来る金型メーカーを
     数社知っていることも設計効率や期間短縮の上で有効。


A設計変更による金型への不具合

     設計期間の短縮、軽薄短小の追求、低コストの追求等製品設計に求められる要求は
       ますます厳しくなり、金型完成後の設計変更はある程度必要条件となっている。

     しかしながら、設計変更による金型上の不具合として、
     
        ・精度不安定
         金型プレートは工作機械にセットし加工が完了するまで取り外さな
            いことで精度が確保される。
            適正なステージで加工することが困難な場合がある。

        ・金型寿命短縮
 
        ・金型部門の生産管理が崩れる
          他の作業への影響

    対策としては、

        ・相互の情報交換を密にする。
           変更に関する情報を事前に通知し、準備や日程等の協力を得る。
               設計不具合についての情報を通知し解決策を協議する。

        ・設計不具合についての解決策は複数準備し、それぞれを
          シュミレーションし最も効果的な方法を選択する。

            2次不具合を発生させない努力をする。

  ∞∞∞変更部品選択∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     不具合が発生し、対策として部品変更を行う。2部品のうちどちらを変更しても、
       効果・コストで同じ。手配先が別メーカーとなると、何かと文句を言うメーカーの
       部品は変更せずに比較的協力的なメーカーの部品を変更したくなるもの。
       協力的なメーカーは大事にしたいもの。

       また、変更すると極端に精度が悪化するメーカーもあるようで、機能以外の
       ことにも気を使って変更するのは大変なことながら、結果はよくなることもある。


4−1へトップページへ