3−7へトップページへ4−2へ


4) 出図から金型製作プロセス

  4−1:金型製作プロセス

  4−2:効率的なプロセス
  
   4−1.金型製作プロセス

@量産用のプレス金型は一般的に下記手順により起型される。


・出図 金型製作上の問題点、量産品質安定性、コスト的な問題等につき
検討し、問題がある場合は出来るだけ代案を用意する。

・打合せ 製品設計者と金型設計者が面談にて打合せることが好ましい。
検討した受注側としての技術的問題点を提示説明し理解を得る。
製品設計側はその部品の使用方法を説明しムダなところに手を
掛けないよう金型コスト低減に協力する。
必要に応じ、測定方法や量産時管理ポイント等も打合せる。

・展開図 製品を展開し、更に詳細な問題点を摘出し製品設計者と適時連絡し、
より量産安定性を追求する。
片側公差のネライ目に注意する。
変形要素のある部分はある程度よみを加味し寸法を変える。

・レイアウト ストリップレイアウトを3−6項に準じ作成する。
必要に応じ、金型製作部門・プレス部門と協議する。

・金型設計 レイアウトをもとに金型を設計する。
金型構造、部品を標準化し設計者ごとのバラツキを防止する。
加工工具も設計で標準化し製作の合理化を推進する。

・金型部品製作 金型設計図をもとに金型部品(プレート類)を製作する。
金型加工用工作機械
マシニングセンター
放電加工機・ワイヤーカット放電加工機
治具研削盤・成形研削盤・平面研削盤
フライス盤・旋盤・ボール盤 等
熱処理・真空炉・電気炉・焼き戻し炉

・金型組立 製作した部品、市販標準部品を集め金型を組立てる。
機械加工で不備な部分の調整。
摺動部、勘合部の調整。

・トライ 基本的に量産時に使用する機械と材料にて試打ちを
行うことが好ましい。
金型設計の立合いにて行う。
また、製品設計者の立合いが可能であれば依頼する。
製品の曲げ等のあたり確認。
曲げ直角度、平面度等の確認。

・仮測定 トライにて外観が良好であれば、仮測定を行い
NG部の修正を行い再度トライを行う。

・サンプル提出 測定データを添付し、サンプルを製品設計者に提出し合否の判定を得る。

・量産移行 試作時の問題や、金型取り扱い上の注意、製品の特性等について明確に
量産部門に伝える。


∞∞∞設計変更∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

製品設計変更が生じた場合
金型改造時にレイアウトが理想と大きく異なる、金型強度が極端に悪化する、
製品精度が不安定となることが多いので注意を要する。


∞∞∞試抜きと量産∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

試抜きと量産で使用するプレス機が異なった場合に、同じメーカーの同じ仕様の機械でも
結果が異なることがあり、再度の調整を要することが多い。
理屈に合わないことながら、それでのトラブルは尽きない。


A製作期間
前項の製作プロセスについての一般的な期間としては、金型の大きさ、
難易度、設備の能力により大きく異なるが概ね下記表を参考として記す。


製  作  日  数
プロセス名 60Ton級 100Ton級 200Ton級 300Ton級
技術検討と回答 1.0日 1.5日 2.0日 3.0日



展開図作成 0.5 1.0 2.5 3.5
レイアウト 1.0 1.5 3.0 3.5
構造設計 2.0 2.5 3.0 4.5
小 計 4.5 6.5 10.5 14.5



マシニング 3.0 5.0 7.5 11.0
熱処理 2.0 2.0 3.0 3.0
ワイヤーカット 4.0 6.0 8.0 12.0
その他 3.0 4.0 4.5 7.0
小 計 12.0 17.0 23.0 33.0
金型組立 2.0 2.5 4.0 5.0
トライ調整 1.0 2.0 3.0 4.0
仮測定 0.5 0.5 1.5 2.0
合   計 19.0 28.5 42.0 58.5

尚、上記は各々のプロセスに掛かるであろう期間であり、実際の金型納期としての
期間はそれぞれのプロセスがオーバーラップするので合計期間よりは短縮される。
∞∞∞手造りサンプル∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

技術検討やレイアウト作成時に、手造り試作サンプルの現物があると
 感覚的な判断が速く、また思わぬミスの防止にも役立つ。
 図面と云う平面の紙では判断漏れも多い。


∞∞∞工作機械と製作期間∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

金型製作における歴史は、精度向上とともに製作期間の短縮を
如何に取り組むかと云うことでは。工作機械の発展がそれに大きく寄与していることは
事実で、特にワイヤーカット放電加工機とマシニングセンターの出現は金型製作の革命に近い。
また、職人に頼る部分は、機械に置き換わってきた。
金型納期も、職人の気分で早くなったり遅くなったりから、だいぶ読めるようになった。

金型設計もCADの導入で、製図能力は飛躍的にアップしたものの、
レイアウト構想には依然として職人のカンに頼っている。
寸法が出ないと云うことも、金型仕上げ職人に頼らざるを得ない。
もっとも、この部分まで機械化出来たら金型屋の存在は否定され
企業格差もなくなり、つまらないことになるでしょう。


3−7へトップページへ4−2へ