3−4へトップページへ3−6へ


3)プレス技術の基本

   3−5. その他の問題点

@ エンボス

半抜きと呼ばれるエンボスは通常ダイとパンチを
同寸で製作される。

抜き概念での説明により板厚のほぼ65%で
抜きが完了するため被加工材厚の半分以上の
高さを要する場合パンチ刃先にRを付け破断面を
防ぐ必要がある。

半抜きエンボスの最大高さは
    板厚の70%が限界。

板厚分程度の高さを要する場合は、
ダイの寸法を所定としパンチ寸法を
それより大きく設定する。

その際パンチの入る深さを最大板厚の
70%とし径は凹部空間と凸部の体積が
一致する寸法を設定する。

 
A バ−リング
 
下穴を前工程(ステージ)で加工し突き上げる
方法と下穴と突き上げを同時に行う方法がある。

下穴と突き上げを同時に行う場合下穴抜きカスの
処理が問題となり結果として製品が打痕傷不良と
なることが多い。

単発作業のように作業者が存在し確認する
必要がある。順送または工程に余裕がある場合は
下穴と突き上げは別工程(ステージ)が好ましい。

バーリング凸部の外径と内径については、
肉厚で50%〜70%で設定する。

タップ用の場合は肉厚の厚い70%近くで設定し、
外径をガイド等で使用し精度を要する場合は
50%近くで設定する。

B 補強ビ−ド

薄板の材質、板厚をアップさせずに強度を
増加させるため補強用のビードを設けることがある。

曲げと同様に近くの穴変形と製品平面度の変化が
発生することがあるので注意。

高いビードの場合ビード周りの凸側に曲げと
同様のストライキングを設けることにより
安定することがある。


 C バンピング

被加工材は種々加工により平面度が
工程(ステージ)を追うごとに悪化する。

これを矯正することを目的として
バンピングを行うことがある。

バンピングは星打ちまたは
七子目ナラシと呼ばれることもある。

一般的にバンピングは裏表両面加工とする。

製品の面に接触してスライドする部品がある
場合バンピングにより動作不具合となるため
その部分は打たないようにする。

バンピングの目(ピッチ)は細かい方が
効果は大きいが金型コスト高及び穴間距離の
変化等の問題も発生する

D 曲げ側面内側のエンボスまたはバ−リング

曲げ側面内側のエンボスまたはバーリング 曲がった側面の内側に凸となるエンボス
またはバーリングがある場合、曲げパンチを
刃先まで逃がすとその曲げの根本はボケる。

結果として、曲げ高さ方向の寸法変化となる。

ボケが不具合または曲げ高さの精度を要する
場合、曲げ部に捨て穴を設ける、または
曲げパンチをカムによりスラスト方向に移動させる。

カム使用は金型コスト、品質、生産性
で不利となる場合が多い。



E 三角リブ

   曲強度アップ及び曲直角度安定を目的として、曲の根本に三角リブをほどこす。
   その際に発生する問題点につき記す。
 三角リブ 其の一 三角リブ











三角リブの大きさ=
   通常板厚分程度が一般的。
   大きい方が強度に有利だが、大きいと変形要素も大きい
    

   変形方向
三角リブ 其の二  一般的には、直角曲と絞りを同時に加工  するので↑方向に変形(伸びる)する。

    ☆ 従って、リブが曲巾に対してセンターにない場合、下図右側のようにねじれる変形となる。

三角リブ 其の三の一 三角リブ 其の三の二 傾く






  対策としては、 
    曲巾に対してセンターに配置する。
    センターに配置出来ない場合は
    曲巾センターよりに振り分けて2ヶ所配置する。

三角リブ 其の四   リブの直ぐ上にある穴は変形し易いので注意を要する。   
  穴近くに、リブを配置しないようにする。










∞∞∞設計とメーカーの連携∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

プレス加工における問題点はこれ以外にも多くあります。

上記の問題点は、一般的な通常技術で問題ない範囲を示しており
現実にはもっと厳しい条件で作業は行われています。

製品機能として、可能であるならば上記条件で製品設計が行われれば
コスト・品質で有利になります。

製品機能として、条件を満足出来ない場合には部品メーカーに努力を求めるか
別な方法を設計・メーカーが協力して模索することも重要ではないでしょうか。

 但し技術進歩は、困難な条件を乗り越え現実のものとしなければならないことも重要です。

∞∞∞職人∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

とかく技術者(職人)は失敗はしたくないもの。でも技術で他人には負けたくない。

出来ないと言って出来てしまうのも技術者の癖。

困難、普通では出来ないと言いながら密かに挑戦したくなる。

期待されている、頼られているとなると張り切ってしまい予想以上の結果を出す。

そんな心理をうまく利用するのも技術では・・・・


3−4へトップページへ3−6へ