3−3へトップページへ3−5へ


3)プレス技術の基本

   3−4.曲げによる問題点

 @ 最小曲げ高さ 
前述のU曲げ型形式において、曲げダイのRに
ブランクが掛かっているとダイRによってブランク
が横方向にげることとなり曲がらない。

曲げダイRは板厚の3倍以上が理想とすると
ブランクは曲げパンチから4倍tとなり
展開伸びを1/2tとすると、最小曲げ高さは
3.5倍tとなる。
 A 低い曲げによる変形

イメ-ジ 上記最小曲げ高さ以下の曲げ高さは
下図のように変形し易い。

これは材料中立軸内側の圧縮応力が
曲げ高さ方向の材料肉が少ないため
曲げ高さ方向に逃げることにより発生する。


したがって、曲げの内側を使う部品の場合は製品設計者に
確認して対応する。
 B 曲げ側面の出っ張り

 曲げ加工により被加工材は幅方向に
曲げ部が若干膨らむ方向に変形する。
つまり、曲げ巾の根本寸法がプラス
に変化する。これはA項と同様に材料中立軸内側の
圧縮応力により被加工材端面に材料肉
が逃げるために発生する。

また、ストライキングによる材料肉逃げが
発生するので曲げ幅方向の精度を要する
場合にはその分ブランクを逃がす等の
対策が必要となる。
  
曲げにより膨らむ量としては金型構造等
により異なるがほぼ板厚の15%程度。


 C 段曲げの内R

イメ-ジ 通常比較的低い2段の曲げは同時に加工
されることが多い。その際、曲げの内側
(曲げパンチ側)に若干のRを必要とする。
   
板厚、段曲げの高さによるR寸法は
異なるが、段高さが5mm程度以下で
0.2〜0.5段高さが5〜10mm程度で0.3〜1.0。

10mm以上の段高さは
2工程で曲げる方が好ましい。

段曲げ同時加工は一般的に段高さ
以外の寸法精度は安定し難い。
   
段曲げのブランクの展開寸法は、
板厚が変化するため通常の計算では
異なる結果となる。
従って、経験値により求める。


 D 曲げ近くの穴の変形

                           
イメ-ジ
イメ-ジ
曲げ工程(ステージ)前に加工した
穴等の近くを曲げる場合、曲げにより
引っ張られ穴寸法に変化が発生する。


引っ張られが発生する曲げからの
距離及び引っ張られる量は板厚、穴
の大きさ及び金型構造により大きく異なる。


穴が引っ張られ大きくなることは結果
として曲げ高さ方向の寸法もプラス方向
に変化する。


穴寸法及び曲げ高さ寸法の精度を
要する場合は曲げ工程(ステージ)後
に穴抜き工程を行う。


但し、抜きバリ方向は曲げの外側であること。


→曲げの内側がバリ方向の場合抜きダイの
強度が不足し破損することがある。
E 曲げによるソリ

イメ-ジ 曲げ加工においてその圧縮応力、
引張応力の反発によりスプリングバックが
発生し結果として曲げ直角度に影響するが
同時に被加工材平面度も同様に影響する。

スプリングパッドの押さえ力の調整により
ある程度減少する。

曲げる方向と反対側にソリが発生する。

一般的に次工程(ステージ)で修正する
ことが多いが修正により曲げ直角度が変化
する可能性があるので注意を要する。


∞∞曲げの問題∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

曲げによるトラブルは、上記のDEに起因することが多く、これらは長年培われたカンに
より解決しているのが現状。計算や金型精度では解決せず、悩みの種となっている。
カンが狂うことも多くプレスの難しさとなる。

3−3へトップページへ3−5へ