1−4へトップページへ2−2へ


2)プレス作業の種類及び金型形式
  2−1:プレス作業の種類

  2−2:金型形式と選択基準
  
  
   2−1.プレス作業の種類
プレス作業には下記の作業に分類される。
実際の作業では下記の単独作業を行う場合と
複数の作業を同時または連続に
行う複合作業があり
工程短縮を図っている。

プレス作業
   
  せん断加工他のプレス加工は材料の弾性限を越え
    
      破壊限以下の外力で加工を行うがせん断加工
   
 ↓      は破壊限以上 の外力を加えて行う。

→ せん断作業  切断する。 (shearing)
→ 打抜作業 板から必要な形を抜く。 (blanking)
→ 穴抜き作業 板に穴を明ける。 (punching)
→ シェービング 縁仕上げ。 (shaving)
→ トリミング 縁を切る。 (trimming)

  曲げ加工 = 材料の中立軸の片側に引張り力、
    
        対する片側に圧縮力が作用する加工。
    ↓       

→ 折曲げ作業 折り曲げる。 (bending)
→ カーリング 縁を丸く曲げる。 (curring)
→ ヘラ絞り作業 薄板の容器を作る。 (spinning)
→ 張出作業 容器を膨らませる。 (bulging)
→ バーリング 穴の回りにつばを作る。 (burring)

 → 絞り加工 = 材料が引張応力をうけて加工される。  
    ↓   
→ 絞り作業 板から容器を作る。 (drawing)
→ しごき作業 容器の厚さを薄くする。 (ironing)

 → 圧縮加工 = 材料に圧縮力が働いて加工される。
    ↓
→ 寸法決め作業 厚さを一定にする。 (sizing)
→ 圧印作業 表面に模様を付ける。 (coining)
→ 浮出作業 表裏に模様を付ける。 (embossing)
→ すえ込み作業 断面を大きくする。 (upsetting)
→ すくめ作業 直径を減少する。 (swaging)
→押出作業 型を通して寸法・形状を決める。 (extrusion)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


    ・金型名は通常上記作業名の後に型をつけて呼ぶことが多い。

       
[例]
穴抜型: 穴明けのみを行う型
曲型 曲げのみを行う型
穴抜バーリング型 穴明けとバーリングを同時に行う型
 曲エンボス型 曲げとダボを同時に行う型


     但し、業種により呼び方は異なり自動車関連ではピアス型と云った英語
     での表現が一般的のようです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞CADの功罪∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

私が、金型設計を始めたのは30年程前。
当時はドラフターさえ買えず製図板に方眼紙を置き定規で描いた。
アーム式のドラフターをやっと買ってもらったときは随分楽になったが、
それがトラックタイプと贅沢になり今はそれすら使わない。

図面を描くスタイルは様変わりし、まるでテレビゲーム感覚。
設計がテレビゲームの如く出来るのは、益々単独作業となる。
早く描ける分考えなくなり驚くようなミスも発生する。
教育や技術継承も難しい。と私は批判的。
  
立場上、もう図面は描けないがそれでもたまには設計を
してみたい。が歳とともに、近くが見えなくなり方眼紙の目が見えるまで
離れると手が届かない。仕方なく、自分用のCADを購入したが
意外と楽しいし楽に図面が描ける。

CADを操作して思ったこと。(図面を描くと云う表現は死語になる)

1−4へトップページへ2−2へ