1-3へトップページへ2-1へ


1)プレス機械の種類と用途、機能

   1-4.プレス機選定基準

加工する製品により、金型形式(単発・順送)を決めさらに
どのプレス機を使用
するかについて主に以下の基準に従い決定する。

①製品特性 (精度・ロット当たりの生産量)

・生産量により生産形態決定

単発・順送・ロボットライン・の何れかを決定する。

順送で製品精度により、
C形フレーム機
ストレートサイド機・ポストガイド機の何れかを選択する。

・製品形状

製品による必要圧力を計算し、一般的にはその値の
約1.5倍の能力を有するプレス機を選択する。

絞り及び曲げ高さの約3倍以上のストローク長さを
有するプレス機を選択する。


②金型サイズ

・上下金型のXY寸法がプレス機ボルスター、スライドに
取付金具のスペースを含め取り付くこと。

・金型高さ以上のダイハイトを有するプレス機であること。

プレス機選定手順チェックリスト
項  目 内  容 Ton数 機械形式
金型形式 単発・自動・ライン

金型サイズ 取付方法を含め検討

ダイハイト

ストローク長 曲げ高さの3倍

必要圧力 計算値の1.5倍以上

製品精度 平面度、直角度等

決定(上記で最大を選択)


一般的には、金型サイズで使用するプレス機を選択することが多い。
従って、300tonプレスを使用しても実際に要する加圧力は100ton
以下と云うことも多い。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞参考として∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

プレス機のおおまかな値段

  
プレス機本体の価格はメーカー及び種類、機械剛性により
異なるが一般的にはCフレーム構造機でTon当たり10万円弱。
ストレートサイド構造機でCフレーム機3~4倍、リンク機及び高速精密プレス機で約5倍。

順送作業を行うための周辺機器はプレス機本体の
約50%程度の費用が必要。

ロボットラインの場合はプレス機本体とほぼ同額の費用が必要。



1-3へトップページへ2-1へ