1-2へトップページへ1-4へ


1)プレス機械の種類と用途、機能

   1-3.プレス機械の呼び方と機能

①呼び方

通常プレス機を判別する場合、
そのプレス機の有する加圧能力で表す。(Ton)
  ※現在はニュートン(N)で表しますが、本講座では便宜上tonで
   話を進めます。(1t=9800N)

現在市販されているプレス機で弱電関係が
主に使用しているTon数によるラインナップは、
25,30,35,45,50,55,60,80,100,110,125,150,160,200,250,300,400,500,etc
(機械メーカー及び機械種類により異なる)

加工メーカーは全ての機種(種類)を揃えることは出来ないので
加工品の特性、用途により数種類を選択して保有する。

②機能

・連続ストローク数(spm)=1分間で加工出来る数量

通常プレス機で約 40~150spm
高速プレス機で約100~1,000spm

実際の出来高について、金型交換時間と単発作業では
製品を金型への出し入れする時間、
順送作業ではコイル材の交換時間等がプラスされる。

抜きのみの場合は高速で加工することが出来るが、
曲げが高い等の複雑形状加工の場合は低速で加工する。

ストローク数は固定されたプレス機と可変式のプレス機がある。

・ストローク長さ=スライド(上型を取付ける)の可動距離

ストローク長さの短いプレス機は
抜き及び曲げ高さの低い製品加工に使用する。

ストローク長さの長いプレス機は
深絞り加工、曲げ高さの高い製品加工に使用する。

また、単発作業やロボット作業の場合も
製品の搬出入の都合によりストロークの長いプレス機を使用する。

順送作業の場合通常曲げ高さの3倍以上のストローク長さを
有するプレス機を要する。


・精度

プレスの精度は、上・下型に正確な相対運動を与えられるか否か
ということになり、加工品(製品)の精度に影響を与えるのみでなく
金型寿命にも直接影響する。


静的精度(JIS B6402 特級から3級まで規定)

◆ボルスター上面及びスライド下面の平面度
◆ボルスター上面とスライド下面との平行度
◆スライド上下運動とボルスター上面との直角度
◆シャンク取付穴とスライド下面との直角度
◆連結部上下の総合すきま

動的精度

・静的精度の各項目の動的挙動
・フレームの剛性

高速精密プレスの場合、高速運転によりフレームの熱膨張が発生し
金型の当たり具合が変化するのを防止する装置(ヒートアンドクール)
がオプションまたは標準で用意されている。

∞∞∞∞∞∞∞∞私の失敗談∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

金型が完成し一発目のトライ。下死点でプレスが止まってしまった。
必要圧力は計算したら、350tonもあった。
当社には300tonプレスが最大。

→工程分けは認められず、抜きパンチに段差を付ける工事が発生。

曲げ線の長い製品で手前側の直角が出ない。

→Cフレームのプレス機で作業した為プレスが口開き状態。
製品の手前部分が決め押しがされなかった。

曲型の高い製品の金型をプレス機に取付。
曲げることは出来たが製品がとれない。

→プレスのストローク長さより曲げ後の製品の方が長かった。


1-2へトップページへ1-4へ