• 会社概要
  • 生産拠点
  • 主要設備
  • 製品紹介
  • 開発技術
  • 技術情報
  • 問い合わせ
  • 求人情報
  • リンク集
1)4点複合順送加工


クリック機構部品


複合順送加工 全体図 クリックすると拡大します。 複合加工順送 複合図 クリックすると拡大します。 複合加工順送 完成図 クリックすると拡大します。
全体図 複合図 完成図

写真をクリックすると拡大します。


生産数量・特徴

生産数量:月産3万台
特 徴 :ポータブルCDの蓋開閉部分のクリック機構を持つ部品

被加工材

クリック部品: SUS304 1/2H t=0.4
構 成 部 品:
SUS430
t=0.6 1点
t=0.4 1点


プレス機械

形  式: ダブルクランクプレス
加工能力: 125トン


加工条件

加工圧力: 60トン
回 転 数: 100spm


金型

工程数 クリック部品 9ステージ
構成部品1,2 14ステージ
構成部品3 12ステージ


材 質 :(パンチ) SKD11,HRC63
             (ダ イ)   SKD11,HRC60


工法転換

狙い・目的:コストダウン(軸およびカシメ行程の廃止)


効果


従来の工法では、4点の部品を別加工し、段付き軸を用いてカシメを行っていたが
本工法により28.5%のコストダウンとなった。
(従来の工法では、31.25円、本工法で23.35円とした場合)
また、軸カシメにまつわる欠品・カシメ強度不足などの不良対策がクリアーし、
仕掛かり在庫の削減にも貢献している。


金型設計のポイント


・4部品のうち、2部品が同一材料なので、同じコイル材からとることにした。
・4部品がそれぞれ積み重なる構造のため、1本の材料からとる2部品は
 レイアウト上で段を付けることにした。

・4部品を集合し、カシメと同時に分断する方法を採用したため、
下記の問題を製品設計者と協議し、設計方法により解決した。

    ①切り離し部分のカット位置は、カシメ部分と干渉しないこと。
    ②バリ加工が同一になるため、摺動部を面打ちを施す。
    ③金型マッチングは、摺動部をさけるべく、形状を考慮する。
    ④クリックフリーの部分にて組み合わせることとする。
    ⑤クリック力が調整できる金型構造とする。



2)ポータブルMD部品の複合

ポータブルMD部品


生産量:5万~7万台/月
特 徴 : A部品とB部品が、C部品によって規制される角度をもって開閉する。

MD部品 部品図(閉じたとき)クリックすると拡大します。 MD部品 部品図(開いたとき)クリックすると拡大します。
 部品図(閉じたとき) 部品図(開いたとき)

MD部品 全体図 クリックすると拡大します。 MD部品 複合図 クリックすると拡大します。 MD部品 完成図 クリックすると拡大します。
全体図 複合図 完成図


カシメ部詳細図をご覧になる方はこちら




被加工材


A部品:SUS430-CP t=0.4  B部品:SUS430-CP t=0.4  C部品:SUS430-CP t=0.3 


プレス機械


 形式: ダブルクランクストレートサイドプレス   加工能力: 300t


加工条件


加工圧力:  約80t
回 転 数 :  60spm
製品排出:  エアー強制排出


金型


工 程 数 : (A部品)  22ステージ
(B部品)  34ステージ
(C部品)   8ステージ
金型材質: (パンチ)  SKD-11 HRC 63
金型材質: ( ダ イ )  SKD-11 HRC 60


工法転換

《狙 い》 ・コストダウン(軸およびカシメ行程の廃止)
・SUS材における極細径バーリングカシメの実現。


効果

従来の行程では、部品Aと部品Bを断付軸にてカシメて、
次に部品Cを同じく断付軸にてカシメる。
これを、縦走型にて同時にプレスからカシメまでを完了し、完成品にする。


《金額的効果》

 ・従  来 : 部品3点のプレス加工後、軸3本カシメ
  計48.5円(輸送費・管理費などを含む)
 ・本 工 法:  35.6円(      同      )

約12.9円 の効果



《その他の効果》

・軸をカシメることによる強度不足や欠品対策。
・途中仕掛かり在庫の削減にも効果がある。


金型設計のポイント

・A部品とB部品との開き角が少ないため、C部品の供給にかなりの制約を受けた。
・また、C部品を最終的に切り離す部分の確保が困難であった。
・C部品の材料歩留りが悪いが、開き角の関係でやむを得なかった。


《複合による注意点》

・バリ方向が全部品同一となるため、干渉部は面打ちなどのバリ対策を行う。
・切り離し部分は、回転時、部品同士が位置を避けること。
・マッチングは、摺動部を避ける。
・バーリングカシメ部は、調整が可能な型構造とする。



3)金型内組立

電池端子Assy

   
生産量: 3~5万/月
特  徴: 従来は、2個の部品をプレス加工後、軸をカシメることによって組立完成させる。
これを、部品Bに外側にダボを出し部品Aに差込みダボ先端を潰すことを一つの
金型によって組立まで完了し、軸と組立工数を廃止するものである。(図参照)


レイアウト例
金型内組立 全体図  金型内組立 複合図  金型内組立 完成図
全体図 複合図 完成図

写真をクリックすると拡大します。


CAD図
金型内組立 CAD図



被加工材: A 部 品 ( 本 体 ) C2680-H  t=0.4 (ストライブ金メッキ材)
B加工品(子部品) C2512P-H t=0.4 (Niメッキ鋼板)

加工条件: 使用機械 50tonストレートサイドプレス
  回 転 数 60spm
  製品排出 エアー強制排出

金 型 :  A 部 品 ( 本 体 ) 22ステージ
   B 部 品 (子部品) 17ステージ
  金型材質 :パンチ   SKD-11 HRC-63
  : ダ イ    SKD-11 HRC-63


工法転換: ①コストダウン
狙 い :  ・従来工法(板金2型、軸カシメ) … 約21円
 ・本工法(1型完結) … 約17円
  約4円のVA効果
②軸カシメによるトルク不足などの品質改善
③途中仕掛かりの改善
④従来の軸はきわめて小さく作業効率が悪い

本工法のポイント: A部品にB部品のダボを入れて曲げる
曲げ後、B部品のダボ先端を潰し開き防止する
カシメた際、回転にある程度負荷を持たせ、
その負荷は回転中にムラがないようにする